オッサンはDesktopが好き

自作PCや機械学習、自転車のことを脈絡無く書きます

伊豆一やりました!

 こんにちは.changです. 今回はロードバイクで伊豆一に挑戦しました.

0. アタックの経緯

 アタックした日は,富士チャレンジカップの開催予定日でした.

 仕方の無い事ですが,Covid 19の影響で,今年の目標としていた乗鞍ヒルクライムツールド沖縄が中止になりました. 来年へのステップアップと思って駆け込みでエントリーした富士チャレンジカップ140 kmも結局中止😱. このままではシーズンを終われないと思いました.

 代わりに何をやろうか考え,伊豆一にしました. 前々からチーム内で話題に上がってましたし,有名ユーチューバーさんの挑戦動画も観ていました. サイクルボール*1でも話題になりましたね.

 僕自身は伊豆を走った経験が少ないですが,隣の県に住んでいるので比較的楽にアプローチ出来ます. 去年の富士一で200 kmを走りましたが*2,同等以上の難易度です. シーズンの締めくくりに持って来いだと考え,アタックを決めました.

1. ルート

 伊豆一をやるとき,先ず選ぶことになるのが1日で走りきるか,2日に分けて走るかです. コースにも依りますが,200 km & 3000 mアップを1日で走り切るのは大変です. ナイトランになってしまうと,危険も伴います.

 アレコレ考え,,,ませんでした. 僕のスタイルでは,1日で走るの一択です. リュックを背負ったり,思い荷物をつけて自転車に乗るのが僕は嫌いです. ライド中の観光とかも,特にボッチで行くときには殆どしません. なので,1日で,かつ陽が高い時間帯で走り切れるコースを組むことにしました.

 組んだコースです. 所謂,左回りです. 箱根近辺の大きな登りを前半にこなした方が楽なのと,サイクルトレイン*3を利用できる東伊豆を後半に持って来た方がリスクが低いという理由で選びました. また,コース全長を200 km程度に抑える為に,伊東駅からのスタートにしました.

f:id:changlikesdesktop:20211024174344j:plain:w400
今回のコース.Ride with GPSの獲得標高がバグるのはお約束です😀

2. 機材

 既に書いたように軽装で走るのが好きなので,特別な装備はしませんでした. ただ,一応ライトだけ整えました. 普段使っているものだと,明るさとバッテリー切れが心配だったので.

f:id:changlikesdesktop:20211024175004j:plain:w400
CATEYE AMPP500.800ルーメンにするか迷いましたが,軽さ重視でこっちにしました.結果的には全く使いませんでした

f:id:changlikesdesktop:20211024175329j:plain:w400
CROPSのテールライト.長距離のライドではトンネル内だけで光らせてバッテリーを節約したくて,買いました.振動で吹っ飛びやすいので,本番では補強しました

 この他に,モバイルバッテリーを入れる為のトップチューブバックを買ったのですが,当日は使いませんでした. 立ち漕ぎ時の膝への干渉が気になったからです. ぶつかるだけなら良かったのですが,マジックテープがジャージに擦れてボロボロになる感じで...

 当日の機材です. 結局,普段と殆ど変えませんでした. モバイルバッテリーと,(携帯ポンプとは別途で)CO2ボンベを持った位ですね.

f:id:changlikesdesktop:20211024180604j:plain:w400
当日の機材.伊豆一用としては,軽装だと思います

3. 当日までの準備

 富士チャレに向けてトレーニングしていたので,フィットネスは上がっていました. 遡ってみると,アタックを決めた9/28の時点でCTLが93でした.

f:id:changlikesdesktop:20211024180410j:plain:w400
伊豆一アタックを決めたのが9/28.この時,CTL 93でした

 シミュレーションで走ったロングでも,175 kmを8hで走れていました. この時が練習機材だったので,+1hの9hで200 kmを走り切れると思っていました. 当日の日照は6-17時の11hなので,かなりの余裕を持って走れる見込みになります.

f:id:changlikesdesktop:20211024182622j:plain:w400
シミュレーションで走ったロング.175 kmを8hでまずまずでした

 誤算だったのが,ワクチン接種です. アタックの2週間前に一回目を受けたのですが,後遺症を引きずって1週間トレーニングできませんでした.

f:id:changlikesdesktop:20211024181534j:plain:w400
アタック一週間前からトレーニング再開.CTLは80まで落ちていました

 レースをする訳では無いので,フィットネスは問題ではないと諦めることにしました. 中止も多少考えましたが,アタック前の一週間は回復してトレーニング出来たので,決行することにしました.

4. 当日

 当日は朝4時に出発して,伊東駅の近くのコインパークに車を留めます. 6時の夜明けと共に出発です‼️

 本来,ここからを詳細にお伝えすべきですが,,,止まらずに走り続けたので写真が全くないのです😅 前述のように9hで走り切るために,休憩は中間地点の1回だけと決めていたからです.

 結果としては,予定していたコンビニと,自販機1回,公衆トイレ数回で走り切れました. 9.25h位だったと思います. まずまずですね😀

 文字だけになってしまいますが💦今回感じた伊豆一の魅力を書いておきます.

  • 景色が良い
  • 信号が少ない
  • 移動費が安い(居住地に依ります)
  • 駐車場が安い(駅近に1日留めて400円でした.物価が安いのでしょう)
  • そこそこコンビニがある
  • 公衆トイレが頻繁にある
  • 個人的には富士一よりも良かった!

f:id:changlikesdesktop:20211024185503j:plain:w400
唯一の風景写真.中間地点の松崎で撮りました.駿河湾の先に見える富士山が最高でした🥰

5.むすび

 レースが無い中,新たな挑戦が出来て良かったです. 安全にルートを引いた所為もありますが,正直,今回は楽勝でした. もう少し難易度を上げて,またアタックしようと思います.

Roval Rapide CLXを半年ほど使って

 こんにちは.changです. 今回はホイールのインプレを書きます. 以前*1にも少し紹介したRoval Rapide CLXです.

0. ホイール遍歴

 正直,僕には偉そうにインプレを書くほどの技術も経験もありません. 今回の記事もあくまで素人の感想ですが,一応,比較対象となるであろう過去のホイール遍歴を挙げておきます. 完成車に付属していたホイールは外してあります.

SHIMANO Ultegra WH-6800

 1台目に買ったAnchor RA5のホイールを壊した時に買いました. 当時,完成車からのグレードアップ用として定番でした. 7万円位だったと思います.

f:id:changlikesdesktop:20211011193805j:plain:w400
SHIMANO Ultegra.1台目のリム車から愛用しています

 今もリム車の練習用として使ってますが,普通に走ります. 特にハブの回りが気持ち良いです. 上位グレードのホイールと遜色無く感じます.

Mavic Cosmic Pro Carbon SL

 2台目に買ったIzalco Maxをパワーアップしたくて導入しました. 登りだけの自分から脱却してオールラウンダーになりたい!という思いで買ったのを覚えています,

f:id:changlikesdesktop:20211011194232j:plain:w400
Mavic Cosmic Carbon SL.強烈に真っ直ぐ進みます

 このホイールでカーボン & ディープリムホイールの魅力に憑かれました. スピードに乗ると踏む必要が無くなり(減り)ます. リムハイト40 mmは,最早ディープと呼ばれない程の定番ですよね. 今乗っても抜群の安定感です. カーボンホイールとしては特別軽い方ではありませんが,ダンシング時の剛性感が気持ち良く,ヒルクライムでも使っています.

Roval Rapide CLX

 今回の主題です. 昨年,Izalco Max Discを組んだ際に選びました.

f:id:changlikesdesktop:20211011194606j:plain:w400
Roval Rapide CLX.ディスクロードで使っています

 以上です...少なっっっ😅. 書いてて笑ってしまいました. インプレとか明らかに無謀だなぁ...

1. 選定理由

 個人的には,ロードバイクの速度に関して最も重要なのがホイール選択だと思っています. フレームを5万円のものから50万円のものに替えたとしても,体感できる程には速度は変わりません. コンポに至っては,ギヤ比が同じで等しくメンテされていれば,UltegraからDura Aceになってもその差が判らないと思います. ホイールは違います. 3万円から30万円のホイールに替えると,1~2 km/h程の速度差を実感できます. たかだか2 km/hですが,レースを走っていて2 km/hぶん楽出来ると考えると,効果は絶大です.

 Izalco Discを買うとき,Spcializedを凄く意識しました. 国内外のプロ・アマを問わず,その実績は圧倒的だからです. ミーハー感を嫌ってTarmac SL7を諦めたとき,「ホイールだけはスペシャにしとくかな」というスケベ心が出ました. 個性派を徹底出来ないところがダサんですが🤫...譲れなかったです. Vengeが速いのはホイールの所為だと思っているのでね.

2. インプレ

 やっと本題です.

(1) 特徴

クリンチャー仕様

 昨年のPari Roubaixをクリンチャー仕様のRapde CLXが制したのは衝撃的でした. ある意味歴史的です.

 クリンチャー仕様を議論することは,チューブレスおよびチューブラーとの違いを語ることです.

 チューブレスに関して言うと,正直,面倒臭いからクリンチャーに戻そうと日常的に思っていました (Cosmicはチューブレスで運用しています). 確かに,チューブを無くすことで軽くなりますが,シーラントを沢山入れると相殺されてしまいます. 空気圧を下げられるのは,マウンテンバイクでは確かにメリットになります. しかし,綺麗な日本の道をロードバイクで走る場合,空気圧が高い方が速いし,曲がれると感じます.

 チューブラーについては,使ったことが無いので判りません. S-Works Turbo Cotton + ラテックスチューブの組み合わせで差が無くなる,というのがSpecializedの考えなのでしょう.

スポーク設定はガチガチ

 ホイールを軽くする為には,スポーク数を減らす必要があります. 完組ホイールでは,フリーボディ側のスポーク数を増やして反対側を減らすのが定番です. Rapide CLXは前輪も非対称になっています. ブレーキローター側が12本,反対側が半分の6本です. 徹底してますね.

 テンション調整を自分でしたりはしてませんが,ガチガチの設定になっているのは何となく判ります. お世話になっている店員さんが,調整するのが怖いとおっしゃってました.

リム形状

 前輪と後輪でリム形状が異なるのですが,特に前輪が特徴的です. ゴン太なんです! 風が真正面ではなく斜めから吹く場合に,この形状が有利だそうです. フロントフォークとのクリアランスを減らして,空力を向上するとも言われています.

f:id:changlikesdesktop:20211011203829j:plain:w400
写真からは判り難いですが,前輪が太くて浅い,後輪が細くて深い設計になっています

(2) 良いところ

速い

 これに尽きます. Izalco DiscにRapideと同等グレードのホイールを履いた事が無いので比較は出来ませんが,最速の部類に入るバイクだと思っています. これで勝てなければ,100%脚の所為ですね😯

兎に角格好いい!!

 自分の中ではこれが大きいですね. 敢えて文字が白いモデルを選んだのですが,フレームとの相性も良くて最高に気に入っています. 有名YouTuberさんのレース動画に偶々自分が映ってたんですが,我ながらイケてると思いました👠

(3) 悪いところ

タイヤが嵌めにくい

 Rapide CLXがクリンチャー専用なのは既に述べました. それにも関わらず,何故か(Specializedの特徴でもあるのですが)チューブレスのリム形状を採用しています. なので,タイヤを嵌めるのがメチャクチャ大変です. 購入時はコンチネンタルGP5000を履いていたのですが,パンクした時にタイヤの付け外しを自分で出来ませんでした. 元プロレーサー & ショップ店長の友人が一緒だったので助かりましたが,一人では怖くて使えないという印象を植え付けられました.

 邪道を恐れずにタイヤレバーを使えば...と思ったのですが,そもそもビードが落とせないので何も出来ません. ちなみに,僕の握力は左右とも30 kg位だと思います. 僕が非力なのは事実ですが,正直,女性の方には高確率で出来ないと思います.

 今はGP5000を諦めてCorsaに替えることで何とか運用できています. それでも,Rapide CLXではクリンチャータイヤの手軽さの恩恵は受けられ無いと思った方が良いでしょう.

気楽に乗れない

 正直この子,フレームよりも目立ちます😳. Izalcoを盗もうとする人は少ない気がしますが,Rovalを盗みたがる人は五万といる気がします. 飲食店の軒先に止めるのには抵抗感があります.

 壊れそうという恐怖感も強いです. 価格的にはリム車で使っていたCosmicと大きく変わらないのですが,何故かナイーブ感を強く持ちます. 細くて少ないスポークが,今にも壊れそうな雰囲気を出すのかな? 前述したゴン太のリム形状でタイヤよりもホイールの方が外に突き出す構造になっていて,傷が付きやすいのも要因かも知れません. 傷が付く位ならまだしも,割れてしまうと笑えません.

3. むすび

 一言で言えば,究極のレーシング機材です. レースを走らない方には間違いなくお勧めしません. また,出来ればレース用の決戦ホイールとして使いたいので,複数のホイールを所有できる財力も必要になるかと思います.

 練習用にMavicを買おうとずっと思っているのですが,踏み切れずにいます. Kysriumで十分なのですが,Discロードにアルミホイールを履くのをナンセンスに感じてしまいます. かといって,ミドルグレードのカーボンは中途半端なんです. 難しいなぁ😮‍💨

 ちなみに今月末に伊豆一をやりますが,現状他に選択肢がないのでRapideで走ります.

2つのベクトルを一致させる座標変換をクォータニオンを使って作る

 こんにちは.changです. 非常にマニアックでほぼ自分用のメモですが,ふとした感動があったので書いておきます. クォータニオンです‼️

0. 問題

f:id:changlikesdesktop:20211011140059p:plain:w300
下図のベクトルaをベクトルb(z軸)に一致させる座標変換を求めよ

 こんなプログラムを真面目に書いている人なんているのでしょうか? ちなみに,僕の仕事はこんなのばかりです😮‍💨

 話を簡単にする為に,2つのベクトルは共に単位行列で,起点が原点にあることとします. また,ターゲット(回転先)はz軸とします.

 オイラー( Eular)角って何?*1クォータニオン(Quaternion)って何?*2って話は省略します.

1. 解答1: arccos 2回 + オイラー角で解く

 多くの方(?)が,僕らの時代で言うところの数学2Bの範囲で解こうとすると思います. ベクトルaを2次元に投影するやり方です. 例えば,先ずz軸回りに回転させてベクトルをxz平面内に移動し,次にy軸回りに回転します.

 箇条書きにするとこんな感じ:

  1. ベクトルaをxy平面に投影し,ベクトルaをx軸に一致させる為のz軸回転をarccosで求める
  2. 1.で求めたz軸回転をベクトルaにかける(=ベクトルa')
  3. ベクトルa'をz軸に一致させるためのy軸回転をarccosを使って求める
  4. ↑で求めたy軸回転をベクトルa'にかける

f:id:changlikesdesktop:20211011140634p:plain:w300
解答1.直感的な様で直感的ではないですね

 数学2Bの範囲を超えてしまいますが,問題に沿って”座標変換を求める”とこんな感じです.

手順1のz軸回転:

 Rot_{z} = \begin{bmatrix}
cos(z) & -sin(z) & 0 \\
sin(z) & cos(z) & 0 \\
0 & 0 & 1
\end{bmatrix}

手順3のy軸回転:

 Rot_{y} = \begin{bmatrix}
cos(y) & 0 & -sin(z) \\
0 & 1 & 0 \\
sin(y) & 0 & cos(z)
\end{bmatrix}

求めたい座標変換は:

 M = Rot_{y} \cdot Rot_{z}

 結構面倒ですね. ちなみに,僕の出身高校では理系に進まない生徒も数学2Bまでは強制的に履修されられました. 4大や短大に進んだ多くの方が,解答1の予備知識をお持ちかと思います.

 実はこの方法,間違いでは無いもののいくつか問題があります.

  • 2回回転するので,答えが一杯ある
  • arccosを2回使うので処理に時間が掛かる
  • 今回はターゲットがz軸なので簡単だが,一般ベクトル2つで解こうとすると凄く大変
  • 数学的に美しくない

 恥ずかしい話ですが,僕は仕事で解答1を何度も書きました🤫. 例えば初音ミクを動かすライブラリ等は間違い無くこんな書き方はしていないと思います.

2. 解答2: arccos 1回 + オイラー角で解く

 解答1の問題点の一つに,答えが一杯あることを挙げました. これ,場合によっては致命的です. 今回は座標変換を求めることが目的なので構いませんが,回転角度を求めることが目的の場合には非常に気持ち悪いです. 2つのベクトルを最短でつなぐ,唯一の回転を求めたいところです.

 角度の大きさ自体は,内積で簡単に求まります.

 \theta = arccos(\frac{a \cdot b}{|a||b|})

 困ったことに,オイラー角はxyz軸の周りにしか回せません. このため,ベクトルaとターゲットを回転軸に合わせて座標変換する必要があります.

手順としては:

  1. 内積を使って回転角  \thetaを求める
  2. ベクトルaとターゲットの外積(cross 1と呼ぶ)を求める.
  3. 2.の外積と,ベクトルaの外積(cross 2と呼ぶ)を求める
  4. ベクトルaをx軸,cross 2をy軸,cross 1をz軸とする座標変換を作る
  5. 4.で求めた座標変換をベクトルaとターゲットにかける
  6. 1.で求めた回転角だけz軸回りに回す
  7. 4.の逆変換を掛ける

f:id:changlikesdesktop:20211011141828p:plain:w300
解答2,絵が解りにくくてすみません

 解答2は,僕自身がここ何年か採用していたやり方です. 正直これで満足していました. 先日「クォータニオンでもっと簡単に解けるじゃん!」と気づいたのが,この記事を書いたきっかけです.

3. 解答3: arccos1回 + クォータニオンで解く

 やっと本題です. クォータニオンは,解答2の手順1で求めた外積cross 1と,手順2で求めた角度 \thetaから直接求めらます.

 q = 
\begin{bmatrix}
cross_x \cdot sin(\frac{\theta}{2}) \\
cross_y \cdot sin(\frac{\theta}{2}) \\ 
cross_z \cdot sin(\frac{\theta}{2}) \\
cos(\frac{\theta}{2})
\end{bmatrix}

f:id:changlikesdesktop:20211011142132p:plain:w300
解答3

クォータニオンを回転行列に変換:

 M = 
\begin{bmatrix}
q_{0}q_{0} - q_{1}q_{1} - q_{2}q_{2} + q_{3}q_{3} & 2q_{0}q_{1} - 2q_{3}q_{2} & 2q_{0}q_{2} + 2q_{3}q_{1} \\
2q_{0}q_{1} + 2q_{3}q_{2} & - q_{0}q_{0} + q_{1}q_{1} - q_{2}q_{2} + q_{3}q_{3} & 2q_{1}q_{2} - 2q_{3}q_{0} \\
2q_{0}q_{2} - 2q_{3}q_{1}  & 2q_{1}q_{2} + 2q_{3}q_{0} & - q_{0}q_{0} - q_{1}q_{1} + q_{2}q_{2} + q_{3}q_{3}
\end{bmatrix}

 美しいですね. ちなみに,下記のPythonソースで解答2と解答3の速度比較を行ったところ,解答3は解答2の半分の処理時間で済みました.

import numpy as np
import random
import time

from numpy import sqrt, sin, cos, arccos, arctan2

def vec2zaxis(vec):
    matrix = np.zeros([3, 3])
    matrix[0, 0] = 0.0
    matrix[0, 1] = 0.0
    matrix[0, 2] = 1.0
    matrix[2, 0] = vec[1]*matrix[0, 2] - vec[2]*matrix[0, 1]
    matrix[2, 1] = vec[2]*matrix[0, 0] - vec[0]*matrix[0, 2]
    matrix[2, 2] = vec[0]*matrix[0, 1] - vec[1]*matrix[0, 0]
    norm = sqrt(matrix[2, 0]*matrix[2, 0] + matrix[2, 1]*matrix[2, 1] + matrix[2, 2]*matrix[2, 2])
    matrix[2, 0] /= norm
    matrix[2, 1] /= norm
    matrix[2, 2] /= norm
    matrix[1, 0] = matrix[2, 1]*matrix[0, 2] - matrix[2, 2]*matrix[0, 1]
    matrix[1, 1] = matrix[2, 2]*matrix[0, 0] - matrix[2, 0]*matrix[0, 2]
    matrix[1, 2] = matrix[2, 0]*matrix[0, 1] - matrix[2, 1]*matrix[0, 0]

    temp = np.dot(matrix, vec)
    # print(temp)
    # temp = np.dot(matrix, [0, 0, 1])
    # print(temp)

    ang = arctan2(temp[1], temp[0])
    # print("ang = ")
    # print(ang)
    rot = np.zeros([3, 3])
    rot[0, 0] = cos(-ang)
    rot[0, 1] = -sin(-ang)
    rot[0, 2] = 0.0
    rot[1, 0] = sin(-ang)
    rot[1, 1] = cos(-ang)
    rot[1, 2] = 0.0
    rot[2, 0] = 0.0
    rot[2, 1] = 0.0
    rot[2, 2] = 1.0

    temp2 = np.dot(rot, matrix)
    ans = np.dot(np.transpose(matrix), temp2)

    # print("ans = ")
    # print(ans)
    # temp3 = np.dot(ans, vec)
    # print(temp3)

    return ans

def vec2zaxis_Quat(vec):
    target = [0.0, 0.0, 1.0]
    cross = np.zeros(3)
    cross[0] = vec[1]*target[2] - vec[2]*target[1]
    cross[1] = vec[2]*target[0] - vec[0]*target[2]
    cross[2] = vec[0]*target[1] - vec[1]*target[0]
    norm = sqrt(cross[0]*cross[0] + cross[1]*cross[1] + cross[2]*cross[2])
    cross[0] /= norm
    cross[1] /= norm
    cross[2] /= norm

    dot = vec[0]*target[0] + vec[1]*target[1] + vec[2]*target[2]
    ang = arccos(dot)

    q = [cross[0]*sin(ang/2.0), cross[1]*sin(ang/2.0), cross[2]*sin(ang/2.0), cos(ang/2.0)]
    rot = np.zeros([3, 3])
    rot[0, 0] = q[0]*q[0] - q[1]*q[1] - q[2]*q[2] + q[3]*q[3]
    rot[0, 1] = 2.0*q[0]*q[1] - 2.0*q[3]*q[2]
    rot[0, 2] = 2.0*q[0]*q[2] + 2.0*q[3]*q[1]
    rot[1, 0] = 2.0*q[0]*q[1] + 2.0*q[3]*q[2]
    rot[1, 1] = - q[0]*q[0] + q[1]*q[1] - q[2]*q[2] + q[3]*q[3]
    rot[1, 2] = 2.0*q[1]*q[2] - 2.0*q[3]*q[0]
    rot[2, 0] = 2.0*q[0]*q[2] - 2.0*q[3]*q[1]
    rot[2, 1] = 2.0*q[1]*q[2] + 2.0*q[3]*q[0]
    rot[2, 2] = - q[0]*q[0] - q[1]*q[1] + q[2]*q[2] + q[3]*q[3]

    return rot

if __name__ == "__main__":
    x = random.uniform(-1.0, 1.0)
    y = random.uniform(-1.0, 1.0)
    z = random.uniform(-1.0, 1.0)
    norm = np.sqrt(x*x + y*y + z*z)
    x = x/norm
    y = y/norm
    z = z/norm
    vec = [x, y, z]

    start = time.time()
    mat = vec2zaxis(vec)
    elapsed_time = time.time() - start
    print(vec)
    print(np.dot(mat, vec))
    print ("elapsed_time:{0}".format(elapsed_time) + "[sec]")

    start = time.time()
    mat = vec2zaxis_Quat(vec)
    elapsed_time = time.time() - start
    print(vec)
    print(np.dot(mat, vec))
    print ("elapsed_time:{0}".format(elapsed_time) + "[sec]")

4. むすび

 学生時代を含めるとかれこれ10年以上座標変換を書いていますが,,,自分の勉強不足を実感させられました. 言い訳になりますが,仕事という観点で言えば,答えが正しく出て,プログラムが滞り無く動けばそれで良いのですよ🙄. 「処理時間を短くしたいな」とか,「ソースをダイエットしたいな」とかって思ったときに,調べて見識を広げたり,感動を味わったりすることが,楽しく仕事を続ける支えになると信じています. もっと速く,エレガントに解く方法があるかも知れないと思うと,ワクワクしますね😀

 本編と関係ないのですが,10年ぶりにTexで数式を書いたら吐き気がしました🤢

告知:富士チャレ対策ロングライド

※ クラブ員向けの告知になります.

 こんにちは😀. 富士チャレ2021秋に向けて,ロングライドをやろうと思います. 興味のある方は,富士チャレに出る出ないを問わずに参加してみて下さい.

概要

  • 日時: 10/3 7:00
  • スタート地点: お店

コース

 エントリーしている距離がバラバラなので,途中まで一緒に走りつつ,各自の目標距離に合わせて離脱するやり方にしようと思います. 以下の4コースの中から選択してください.

  1. 通常コース(土山を登るMRの宮ヶ瀬コース)
  2. 梅コース(土山⇨牧場⇨道志道)
  3. 竹コース(土山⇨牧場⇨檜原)
  4. 松コース(土山⇨牧場⇨奥多摩)

 コースはRide with GPSでご確認いただけます.

梅コース*1

f:id:changlikesdesktop:20210919163907p:plain:w400
梅コース.道志まで行かずに,津久井湖側から小倉橋にアプローチしてもOKです

竹コース*2

f:id:changlikesdesktop:20210919164256p:plain:w400
竹コース.信号が少なくてオススメです.獲得標高の表記はウソです.2000 m位だったと思います.

松コース*3

f:id:changlikesdesktop:20210919165047p:plain:w400
松コース.走り易い&景色良しで最高です.ただ,ずーーーとアップダウンでコンビニが無いのでかなりキツいです😂

 参加表明等は,Messengerにお願いします.

 ちなみに,僕は140 kmにエントリーしてますので…

 以上です.よろしくお願い致します.

ロードバイク: クリートの遊びとダンシングについて

 こんにちは.changです. 今回はクリートの遊びとダンシングの関係について考察してみようと思います. 初心者用と言われる黄色が,実はダンシングに向いているのでは?という話です.

0. クリートとは?

 色々なところで紹介されているので改めて書きませんが,自転車用のシューズとビンディングペダルを固定する為の部品です. shimanoの場合には,3種類(赤,青,黄)のラインナップがあります. 靴をはめた時の遊びが,赤⇨青⇨黄の順番で大きく設定されています*1*2. 遊びの大きい黄色はペダリングのブレを吸収するため,初心者用だと言われます.

f:id:changlikesdesktop:20210918114203j:plain:w400
シマノの黄色クリートを愛用しています.汚い靴ですみません,

 僕はshimano以外のクリート(=ペダル)を使ったことがありませんが,スピードプレイやタイムが遊びの大きい作りになっているそうです.

1. ダンシング

 多くの上級者が,ヒルクライムのポイントにダンシングを挙げていらっしゃいます. 本の中で,山神の森本誠さんが「ダンシングは引き脚」,富士ヒル覇者の兼松大和さんが「蛇行して前輪のグリップを使う」という話をされているのを見た時は感動しました😭. 自己流でやってきた事が裏付けされたと言いますか... ただ,様々なところで紹介されているダンシングのテクニックですが,上級者の方の意見の中にも共通点があるようで無い気がします. それだけ,ダンシングの仕方には個人差があるのでしょう.

f:id:changlikesdesktop:20210918061426j:plain:w400
最強シリーズ(?).愛読しています.

 で,僕のダンシングですが,既に少し触れたように,引き脚をしながら蛇行しています(そのつもりです). ↓は,ダンシングをしている僕の後ろ姿です. チームメートがアクションカムで撮ってくれました.

f:id:changlikesdesktop:20210918104054p:plain:w300
ダンシングをする僕.お目汚しですみません.

 この時は左脚を引き上げている訳ですが,同時に,右にステアリングしています. ついでに,脚を強く引き上げるために右手でハンドルを叩くイメージを持っています.

 この時の身体とバイクの位置関係を極端に描くとこんな感じになります.

f:id:changlikesdesktop:20210918112915p:plain:w300
ダンシング中のバイクと身体の向き.酷い絵だなぁ😰.ってか,Macムズい...

 体幹はハンドルに追従して右を向きます. これに伴って,足も右に向きます. 逆に,蛇行しているバイクのフレーム(=ペダル)は左を向きます. つまり,引く側の左足はペダルに対して内向きになり,踏む側の右足はペダルに対して外向きになります. ダンシング中はこれを左右対称に繰り返している為,両足が常にペダルの上で動いているのです. 

 ちなみに2年程前に一度だけ青クリートを試しましたが,脚の痛みに耐えられずに数ヶ月で黄色に戻しました. その時の青が残っていました. ペダルとの接点部が見事に変形しています. これだけの捻り力が脚にかかっていたんですね.

f:id:changlikesdesktop:20210918114724p:plain:w400
数ヶ月だけ使った青クリート.足の捩れで変形してしまいました.

 僕のダンシングで「足がペダルの上で動く」という話をして来ましたが,程度の問題はあれど,一般論としても正しいと思います. 多くの方が,脚の柔軟性でこれを吸収しているのでしょう. それが出来る方には,赤クリートが向いていますね. 残念ながら,僕の脚には十分な柔軟性が無いようです. だから,足の捻りをペダルの遊びで逃してるんだと思います. 足の柔軟性に頼るのか,ペダルの遊びに頼るのかは個人の好みですが,僕の様に小柄で脚の短い人間はペダルに頼った方が楽のような気がします.

2. プロはどうなの?

 プロ選手の中にも,黄色のシマノクリートを使っている方がいると聞いたことがあります. どの位の割合なのかは分かりませんが,一定数はいるみたいです. 宇都宮ブリッツェンの増田選手もそうだとか*3

 ちなみに,蛇行ダンシングの祖(?)であるアルベルト・コンタドール氏は,(キャリア全般でか分かりませんが)スピードプレイを使っていた印象があります. もしかしたら,彼もダンシング時にクリートの遊びを利用していたのかも知れないですね.

3. むすび

 強豪アマチュア選手やプロ選手が自分と同じ理屈でペダリングしているのかも...と妄想すると楽しいです😀

 

5Gスマフォ買ったけどさ...

 こんにちは.changです. iPhoneのlidarに興味があってスマフォを新調したところ,副次的に5G対応になりました. 今のところ,5G電波が立つのを見たことがありません😮

0. 5Gとは?

 5Gって何?って話は色々なところに情報がありますし,僕自身に大した知識も無いのでここでは致しません. 要は4G(4th generation)に続く,次世代(?)の通信規格です.

 ちなみに,1世代前の3Gの廃止がいよいよ今年度末から始まります. 親に持たせているガラケーをどうするか,考えなければなりません. 僕が使っていたiPhoneをお試しで持たせてますが,使いこなせるでしょうか?

 脱線しましたが,5Gを使いこなすのに先ず必要なのは,スマフォに慣れることではありません. 近くに5Gのアンテナ(基地局)が存在することです. 携帯電話というのは,基本的には卓上電話の子機と同じです. トランシーバーの様に,通信をするデバイス間に直接電波を飛ばす訳ではありません. 高機能で最新のスマフォであっても,回線の大本が近くに無ければ機能しないのです.

 日本国内の5Gエリアの拡大は道半ばの様です. 僕は都心では無いものの,人口20万人を超える市の駅前に住んでいます. 先刻,散歩のついでに駅の構内近くまで行ってみましたが,5Gは立ちませんでした. キャリアが公開している対応エリアを見ると,対応が進んでいるのは都心部に限られる様ですね.

f:id:changlikesdesktop:20210907180327j:plain:w400
駅前まで行っても"4G"のまま."5G"を目の当たりにするのは何時になるやら

 ちなみに,その駅前でスピードテストしたらこんな感じでした.

f:id:changlikesdesktop:20210907125335j:plain:w400
4Gでのスピードテスト.5Gでどこまで早くなるのか楽しみです

 僕の自宅のwifiだとこうなります.

f:id:changlikesdesktop:20210907125424j:plain:w400
我が家の恥ずべきwifi環境😱.本格的に在宅勤務になるようなら考えないと...

 ネット環境が貧弱なのがバレますね. スマフォやパソコンを買うより,ブロードバンドを整える方が有益かも知れないですね.

1. 5Gって要る?

 天邪鬼な僕なので,一応こんな事も書いておこうかと. 先日書いたクラウド*1の話と同じで,3Gや4Gで困ることはありません. 現状をさも不便に,時代遅れに感じさせる事が,メーカーの仕事なのです😮‍💨

 5Gに関して個人的に思う事としては,,,多くの人が重宝する技術だと思います. 解り易い例は自動運転ですね.

 自動運転の実現には大きく分けて二つの方法があります(多分).

(1) 運転をするための頭脳を個々の車に持たせる
(2) 街(仮)の中を走る全ての車の動きを,クラウドで一括管理する

(1)の方が所謂"自動運転"のイメージに近いですが,技術的に実現性が高いのは(2)です. (1)はヒトに近いロボットを創り出すというSFチックで神様みたいな行為なのに対して,(2)は現状の電車の運転技術の拡張だからです. この国の自動運転はこの方法で,頭脳部を作るのはA社,車体を作るのはB社,道路を作るのはC社...みたいな天の一声が舞い降りれば,短期間で実現できるでしょう. そして,この方法に欠かせないのが5Gです. 中央ステーションの頭脳が街中の車の位置を正確に把握するのは,高速でリアルタイム性の高い通信が不可欠だからです.

 とはいえ,大衆が5Gの恩恵を受けるのは未だ先でしょう. 「YouTubeをサクサク見たい」等のモチベーションであれば,光ファイバー + wifルーターの方が遥かに快適でリーズナブルだと思います.

 個人的には,スマフォ間とかスマフォ-PC間のデータ転送をクラウドを介さずに高速化する技術を作った方が,アプリケーションの拡張性が広がると考えています. スマフォで撮った映像を逐一クラウド経由で渡すとか面倒臭いし,パケット代の無駄ですよね. 画像や点群をAIで解析するにしても,データを処理パソコンに一度渡し,解析済みの結果をクラウドに纏める方が現実的だと思います.

2. むすび

 なかなか本題(?)に入れないなぁ...🙄.

iCloudに溜まっていた画像をOneDriveに移動する

 こんにちは.changです. iPhoneの写真アプリが「iCloudの容量を増やせ」と言ってくるのが鬱陶しくなりました. 素直に課金するのも癪なので,データをOneDriveに移動してみました. こんなケチな事,誰もしない気がするけど...

0. HDDとクラウドストレージ

Note: 本題とは関係ないので,読み飛ばしてください.

 オッサンなので,ストレージと言えばHDDを思い浮かべます. 今や,テラ要領のHDDが1万円を切って買える時代になりました. 「保存用とバックアップ用に外付けHDDを複数持つ」なんて事も簡単にできます. これで困る訳ではないのです.

 ただ,あたかも現状を不便であるかのように感じさせるのがメーカーの仕事でもあります. せちがないですが,そういうものです.

 顧みてみると,メーカーも巧くやったものだと思いました. 私見ですが,HDDを時代遅れ(不便?)に感じさせるきっかけを作ったのはクラウドでは無く,SSDです. SSDは,所謂フラッシュディスクです. HDDの様に円盤が回っていないので静かですし,書き込みも高速です. サイズも小さいので,薄型のラップトップに向いています.

 SDDのデメリットは容量の小ささです. 最近は大容量タイプも安くなりましたが,それでも,SSDで扱えるのは512GByte迄でしょう. このため,デスクトップではシステムファイルをSSD,データファイルをHDDに入れるのが一般的です. 僕もそうしています*1. でも,薄型のラップトップやタブレットスマートフォンではそんなことはできないですよね. MicrosoftAppleはこれを利用して,画像や動画の保管にクラウドストレージを強制します. 端末の小型化⇨フラッシュディスクの採用⇨クラウドストレージの強制という様に,SSDでワンクッションしてからクラウド推しに行ったところが,メーカーの戦略なのです.

 HDDを使い続けることも出来るのです. メーカーは端末からUSB端子を排除して外付けHDDに繋ぎ難くしてますが,繋げないことはありません. iPhoneであっても,パソコン側にデータを移行できます. 大きめのノートパソコンかデスクトップとの併用にはなってしまうのかな? iTuneを使わずに単純にデータをコピーすると,アプリとの互換が崩れるのも不便と言えば不便ですね.

 天邪鬼な僕は,メーカーの思惑に易々と乗るのが嫌いです. ただ,エンジニアの端くれとして,時代の流れに追従することも必要だと思います.

1. iCloudとOneDrive

 iCloudとOneDriveの違いを,僕は良く解っていません. 知っているのは,iCloud=Appleのサービス,OneDrive=Microsoftのサービスということ位です. 元々OneDriveに課金していたからという理由で,今回はiCloudからOneDriveにデータを移動します.

 ちなみに,クラウドサービスの特徴は色々な記事で紹介されていました*2*3. 僕は純粋なMacユーザでは無くWindowsLinuxも使う為,OneDriveという選択は間違ってはいない様です.

2. データ移行

手順としては単純で:

  1. ブラウザからiCloudにアクセス
  2. 写真を数十個程選んでダウンロード(多過ぎる固まります)
  3. OneDriveフォルダにコピーして同期
  4. iCloud側を削除

 滅茶苦茶面倒臭かったです😵.以下,めんどくさかったトップ3:

第1位: OneDriveの同期

 時間がかかるので,就寝中にすると良いでしょう.

f:id:changlikesdesktop:20210902125041p:plain:w300
OneDriveの同期には時間がかかります.一時停止して,就寝中に再開しました.

第2位: 写真の管理

 上述したiTune問題と同じで,iPhoneの写真アプリが勝手にやってくれた日付毎の表示とか,思い出作成とかはできなくなります.

f:id:changlikesdesktop:20210902150259p:plain:w400
写真アプリの「日別」表示とかFor You.無くなってみると結構寂しい...

 僕はこんな感じ↓で月毎にフォルダ分けしました.

f:id:changlikesdesktop:20210902150705p:plain:w200
自力で月毎にフォルダ分け.死ぬ程メンドい😫

第3位: HEICの変換

 まだ直面していないのですが,MicrosoftのサービスにHEIC形式の画像を入れることになるので,Windowsから画像を使う際にはjpeg等に変換する必要があると思います.

3. 結び

 素直にiCloudにも課金した方が良いと思いました(笑). 当然ですが,そう思わせるような作り方にAppleはしますよね. 今回費やした時間を考えると,サブスク料金だって高くはないでしょう. ただ,幾つものサービスに課金して毎月の支払いをチェックするのは面倒臭いですよね. やっぱり,経費でHDDを買うのが一番楽だなぁ.